2013年08月21日

シンガポール

DSCN1722.JPG

お盆休みでシンガポールに行ってきました!
プラス帰ってきてからは、6月決算の会社の申告作業に入ったので、なかなか更新できませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

正確にはシンガポールへ行って、そこからクルーズ船でタイとマレーシアへ行って、またシンガポールへ戻ってくるという感じでした。
クルーズ船での旅行は初めてだったのですが、レストランやイベントショー等、なかなか充実していて良かったです!
日本人は思っていたよりは全然少なく、中国人が一番多くて、次にインド人が多かったようです。
そのため、タイでは日本語を話せるガイドさんがいたのですが、マレーシアでは中国人ガイドさんのみで、ほとんど中国語による案内で、たまに片言の英語で話してくれるような感じでした(笑)
(しかも中国語のリズムで英語も話すので、残念ながらほぼ聞き取れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

シンガポールを車で走っていて感じたのは、やはり所々で建設が行われており、マリーナベイサンズが建てられましたが、他にもこれからまだ色々な施設等が建てられ、さらに発展していきそうな気がしました。
また、法人税の税率なども日本と比べると半分以下ですし、色々優遇措置もあるようなので、国際拠点の1つに考える企業も多いようです。

但し、税率が低いがゆえにシンガポールは基本的にタックスヘイブン税制の対象国になってしまうようです。
タックスヘイブン税制が適用されてしまうと、結局シンガポールと日本の税率差の分、追加課税されてしまうので、進出にあたっては、適用除外要件を満たすことができるか慎重に検討する必要があります。
適用除外要件というのは、4つあり、全て満たす必要があるのですが、趣旨としては、設立した子会社等がシンガポールで事業を行っているという実態等がきちんとあるのであれば、タックスヘイブン税制の適用を除外してもらえるというものです。つまり租税回避目的でシンガポールにペーパーカンパニー的な会社を設立するだけでは駄目だということです。

そういえば、日本に比べ有利な面ばかりではなく、ガイドさんが言ってましたが、シンガポールでは車を乗るのにまず、購入権を買わないといけないようで、その購入権が300万円くらいするみたいです(笑)あせあせ(飛び散る汗)
それだけで車1台買える金額ですから、日本で車を乗るのに比べ、シンガポールでは倍以上のお金がかかるみたいですね〜
やはり国土が狭いので、みんなが車に乗れてしまうと大渋滞になってしまうからのようです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

士業 ブログランキングへ
posted by MK at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする