2015年02月05日

税務調査終わりました。

地獄のような税務調査が終わりました。
今回は3日間だったので、かなりきつかったですあせあせ(飛び散る汗)
こちらも何か作業等していれば気にならないのでしょうが、税理士の立会いは、基本的に受け身で質問等を待つというスタンスなので、時間が経つのがかなり遅く感じ、精神的に苦しい部分があります。
やはり中小企業の税務調査は、2日間にしてもらいたいですね。

まず今回、調査官の方々は3人いらっしゃいましたが、極めて普通の方々でした。
いわゆるトンデモ調査官ではなかったので、助かりました。
調査官をこちらが選ぶことはできませんが、当たり外れがあることは事実ですから、今回は良かったです。

1人は印紙税をメインに見に来ましたが、さすがに3日間も見ることはなかったようで、3日目は来ませんでした(笑)
多少印紙の貼り漏れもあるかと思っていましたが、結果は問題なしだったので良かったです。

法人税の方はこちらの確認不足等もあり、指摘事項がいくつかありましたので反省しなければなりません。
修正を要するかの結果は持ち越されました。

今回は税理士事務所の仕事の難しさを痛感しました。
会社のどこまでを見るかということは契約などで明確に決めている訳ではないので、会社の期待としては、管理体制等の内部統制や実地棚卸の状況等も見てもらいたいというものがありますが、税理士事務所としては、1つのお客さんにかけられる工数には限度がありますから、会社の期待を全て満たすように見るというのはなかなか難しいものがあります。(勿論可能な限りは何でも対応させていただいておりますが)

私が監査法人の人間を連れてきて任意の監査を受けてもらえれば手っ取り早いのですが、お客さんとしては、税理士事務所の報酬以外のコストがそれなりにかかってきますし、監査対応という事務負担も出てくるのでなかなか難しいところですたらーっ(汗)

他の税理士事務所で働いたことがないので分からないのですが、この辺は税理士事務所の永遠の課題といったところでしょうか?


そろそろ個人の確定申告が始まりますから、頭を切り替えていかなければなりませんね!
法人と個人では似たような部分もありますが、全く違う部分が多いですからねひらめき


にほんブログ村

士業 ブログランキングへ

posted by MK at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

税務調査時におけるICレコーダーの録音

そういえば、前回税務調査において、ICレコーダーで会話を録っていたと書きましたが、レコーダー絡みで興味深い裁決が出ているようです。
http://www.kfs.go.jp/service/JP/87/10/index.html

簡単にいうと、税理士がレコーダーを作動させることを条件に帳簿書類を提示すると主張したところ、調査官はそれを許可せず、税理士もレコーダーの作動を譲らなかったため、調査が実施できなかったことから、正当な理由がなく帳簿書類の提示がなかったものとみなされ、青色申告を取り消されたというものです。
つまり調査官がレコーダーの作動を拒否することは、守秘義務の問題等もあり合理性があるということのようです。

この裁決を見て、まずこの税理士の間違いは、わざわざレコーダーを作動させることについて調査官に許可を求めてしまったことだと思います。
そもそもレコーダーに会話を録ること自体、全く違法なことではないのですから、勝手に録っておいて何かあった時にだけ武器として使えば良い訳ですし、もっとぶっちゃけて言えば、こちらとしては、調査官が口を滑らせて何かこちらに有利な発言があるようなことも期待している訳ですから、仮に許可を得ることができて録れたとしても、調査官は迂闊なことは口にしないでしょう。

おそらく前回お話した調査官もレコーダーで録られていると分かったら、もっと無口になっていたと思います(笑)あせあせ(飛び散る汗)


話は変わりますが、確定申告が終わり落ち着いたので、友達とゴルフに行ってきました。
なんとセグウェイに乗って回れるという斬新なコースです!
http://www.asia-toride.com/system/contents/409/

セグウェイでコースを走り回るだけでも結構楽しいので、ご興味がある方は、1度は行ってみられることをお勧めします。

いつもコースで歩き回ると膝が痛くなってくるのですが、ダイレクトにセグウェイでボールの所まで行けるので、今回は全く膝が痛くなりませんでした(笑)
(健康という面からは歩いた方が良いのでしょうがあせあせ(飛び散る汗)

セグウェイ2.jpg

セグウェイ1.jpg

セグウェイ3.jpg

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

士業 ブログランキングへ




posted by MK at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

税務調査

確定申告でバタバタしていたとはいえ、だいぶご無沙汰してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)(申し訳ありません)
ブログを継続的にアップしていくというのもなかなか難しいですね〜
毎日アップされている方たちを正直尊敬します!

さて確定申告が終わり、落ち着いたところに税務調査が入る会社があったので行ってきました。
自分が監査をしていた頃を思い出しながら、目の前で調査官の作業を見ていましたが、やはり監査とは随分やり方は異なるものだと感じました。

まず監査は、事前に綿密な計画を立て、それに基づき手続きを立案し、実施するという流れがあり、さらに細かいマニュアルやチェックリストが存在するので、本来的には担当者によって品質に差が生じないように配慮されています。
税務調査の方も内部的なマニュアルは当然存在しているのでしょうが、私が見ている限りではそういったマニュアルに従って作業しているというよりは、野生の勘をたよりにひたすら元帳や証憑類をめくって何か発見しようという感じがしました(笑)
PCなども全く使わず、全て手作業なので大変だろうし、担当者によってかなり品質が異なってくるだろうな〜と思いました。

ただ、野生の勘も侮れないものがあり、今回、売上の期ズレが発見されました。
監査でもよく発見され、カットオフエラーと呼ばれたりします。
×1期で計上すべき売上や経費が×2期に計上されていたというようなものです。請求書等の発行や到達のタイミングが遅くなり取込が漏れ、処理が次の期に回ってしまうなどの原因によるものが多いです。

ここで、とりあえずエラーを発見したことで安心したのか、調査官の追及の手が急速に緩まりました(笑)
ゴルフが相当好きみたいで、たまたま所長と同じクラブの会員権を持っているみたいで、後はもう所長とゴルフの話で盛り上がるばかりでしたたらーっ(汗)
ICレコーダーで録っていたのですが、おそらく第三者が聞いたら、ゴルフと野球の話で盛り上がり過ぎて、ちゃんと仕事しているのかと疑いたくなってしまうかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
フォローじゃないですけど、話をしながら一応チラチラ資料は見ていました(笑)

そういえば、税務調査の対応でいわゆる「おみやげ」という、敢えて分かりやすいエラーを用意しておき、触れられたくない所から目を逸らさせるという技があるようですが、こういう経験から税理士が編み出したのでしょうね〜
勿論、私はやるつもりはありませんがあせあせ(飛び散る汗)
そもそもいつ税務調査に来るか分からないので、毎期わざとエラーを作っておくとなると、調査で3年分くらい見られたとき、累積したエラー金額に対する延滞税等のペナルティが結構いってしまう可能性がありますから、それを考えるとあまり賢いやり方とは言えないと思うので。

それでは、また何とかちょこちょこアップできるように頑張りたいです!

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村


士業 ブログランキングへ

posted by MK at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする