2015年02月28日

所得種類

気付いたら土曜日になっていましたあせあせ(飛び散る汗)
若干の怖さを感じていますが、もう明日から3月ですから、ラストスパートですね。

現在、個人の確定申告業務の最中ですが、所得の種類の割合をいうと、うちの事務所の場合、不動産所得6割、事業所得2割、給与所得1割(2千万超等)、譲渡所得1割といった感じで、不動産の割合が圧倒的に多いですね。

給与が2千万円超で申告が必要な方も、全国の割合でいうと0.4%程度のようですから、本来であれば、そうお目にかかることはないはずですが、結構お目にかかっている気がします。
平成25年までですが、国税庁が公表しているデータだと、平成21年から平成25年まで変わらず0.4%となっています。

給与1千万円超の方は仕事柄かなりお目にかかっているのですが、全国の割合でいうとそれでも3.9%と極僅かな方々のみのようです。
給与1千万円超というとサラリーマンなら誰しも憧れるところだと思いますが、3.9%に入るのはやはり簡単ではないですよね〜
会社次第というところもあるので、努力したからといって必ずしも報われるとも限りません。

そこで給与以外の所得を求めて、努力されている方々が今増えているような気がします。
うちの事務所でも不動産所得の割合が多いのもそれを物語っているのではないでしょうか。
サラリーマンが給与以外で収入を得ようとした時の手段としては、やはり不動産や株が代表格ですからね〜

様々な方々の不動産所得の申告をしていると、色々と分かってくることもあるので、自分でも不動産投資をしてみようと思い物件を探してはいるのですが、なかなかピンとくる物件が出てこないですね〜
やはり本当に良い物件は表に出てくる前に決まってしまうので致し方ありませんが、失敗している人達も見ているので、慎重にいきたいですねひらめき


にほんブログ村

士業 ブログランキングへ

posted by MK at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

配当所得の処理について

そういえば、IPOの今年1発目の当選がありましたひらめき
ケネディクス商業リート投資法人というリートです。
公募価格より初値は上回りましたが、残念ながら何倍にもなるような爆発力はありませんでしたたらーっ(汗)
リートということで、配当がそれなりに期待できるので長期保有も考えましたが、まだ年も始まったばかりですし、色々と資金を動かしたかったので、売却しました。

個人の確定申告も来週16日より受付けがスタート(還付申告は1月1日から)ですが、株に関連する申告が結構複雑で、毎年調べながら作業していますが、やはり1年に1回の作業なので、細かい所は忘れてしまいますね〜

特に配当所得をどう処理するかポイントがあるので、まとめてみました。
(平成26年度申告分について)

「配当所得を総合課税か分離課税あるいは確定申告不要制度のいずれで処理する方が有利か」
・課税所得が695万円以下であれば、総合課税で配当控除を受けた方が有利
・上場株式等の譲渡損失がある場合、損益通算した方が有利か検討
・総合課税あるいは分離課税が有利であっても国民健康保険加入者の場合、所得増加による保険料の増加と比べても有利か検討、また、配偶者控除・扶養控除対象者は所得増加により控除から外れないか注意


それでは、そろそろ忙しくなってきましたので、この辺であせあせ(飛び散る汗)


にほんブログ村

士業 ブログランキングへ

posted by MK at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする